フットサルで相手にチーム全体で積極的にボールを取られに来た時の、シンプルなプレスのかわし方について紹介していきます。

 

特に自分より相手の技術が上の状態で、前プレ(積極的に前からボールを取られにくる)をされた時の対策方法です。

 

「ポイント」

1前の真ん中に一人ターゲットを置く

2サイドラインの高い位置にターゲットを置く

3一旦、ゴレイロ(キーパー)に戻して前に蹴ってもらう

 

まず、1と2について説明します。

一番手っ取り早いのは、まずターゲットを先に前に置いてしまうことです。

 

真ん中は場合によっては難しいので、サイドラインの高い位置に立ってもらいます。

人は真ん中に寄りやすい傾向があるので、サイドの方がボールを受けやすいというのはよくあります。

 

ただ注意してほしいのは、真ん中かサイドかどちらかが正しいというわけではなく、使い分けることが大事。ということです。

 

1と2に共通するのは誰かが必ず高い位置でボールをもらえるようにすることです。

 

相手に比べて技術不足や連携不足のチームが、前に人を置くことをせず、後ろの低い位置でボールを回そうとすると、綺麗に相手のプレスがハマります。

(実力が同じくらいの試合の時もディフェンスの方が大方有利です。)

 

結論、ボールを取られて失点。

最悪、最後にボールを取られた人が悪者のようになる…

 

この事態は避けたいので、まずチーム共通で誰か一人は立とう。と決める。コミュニケーションを取る。ことが優先事項となります。

 

そして、前に人がいてその人にボールを当てようとすると、チーム自体の意識も勝手にまとまります。

 

さらに、チーム全体が前への意識が高まることによって相手が後ろに引き、横へのパスラインが空いてボールを回せることもあります。

 

横にパスが渡らなかったら…

 

3 一旦、ゴレイロ(キーパー)に戻して前に蹴ってもらう

 

もちろん、ゴレイロからボールを蹴り始めてラインを割らずにゴレイロにボールを返したら反則になっちゃうので気をつけてくださいね。

 

プレスがハマった時に一番厄介なのが、

 

「焦ること」 です。

 

焦らないようにするには、「前もって行動を決めておく」というのが最も簡単で、問題を回避することにつながります。

 

まとめると、

A まず前に人を置いてターゲットにする

B 無理なら横パスで立て直し

C A、Bも無理そうならゴレイロに戻す

 

これらが全く無理なら、ボールを外に蹴って相手ボールでやり直すというのもありです。

特に勝ち負けが大事な試合で、ボールを取られてカウンターされて失点というのは痛いです。

 

でも、一旦ボールを出して守備の体制を立て直せば、そこから逆にボールをとってカウンターで点を取れるチャンスも生まれます。

 

まずは頭をシンプルに。

そのためにもチームで共通のターゲットを持っておく。

 

手っ取り早くフットサル初心者でも誰でもすぐできるプレスのかわし方でした。