初心者のチーム、経験者揃いのチームに問わず、勝利を挙げるために、最も効率的な方法は、いかにカウンター(守備から攻撃に転換する)に持っていくか、です。カウンターが点を取る上で一番最強と言っても過言では無いです。

 

<プーマ公式>モータースポーツ最新コレクション

 

カウンターは勝利への王道である

 

フットサルというのは味方も相手も、ゴレイロ(キーパー)を除いてフィールドプレイヤー4人で戦います。

 

4対4なので、攻撃の際、ただボールを回していても、必ず目の前に相手がいることになります。

 

これだと、シュートを打ってもぶつかってしまいますよね。

 

だから、

 

ドリブルで相手を抜いたり
パスで相手の後ろを取ったり

 

してからシュートを打つことが多くなります。

 

つまり、数的有利を作ることがポイントになります。

 

ただ、これは相手より上手かったり、何かで上回っていたりすることが必要です。

 

技術的には、守備より攻撃の方が難易度は高いです。

 

力が五分五分であったり、相手の方が上手かったり強かったりする場合、攻撃を仕掛るよりも、守備をしっかり固める方が、有効です。

 

さらに、守備で相手からボールを取ってしまえば、もうその時点で数的有利が作れています。

 

まさに、攻撃の際の重要なポイントが守備からでもできるということです。

 

そして特に初心者にとっては、攻撃よりも守備の方が難易度は低い。

 

このことからもカウンターが勝利への王道である、と言えます。

 

カウンターには2種類あります。

 

それはショートカウンターロングカウンターです。

メンバーの性質、特性によって使い分けるのが良いです。

それぞれについて書いていきます。

カウンターその1 ショートカウンター

 

ショートカウンターのショートとはどういうことかというと、カウンターを始めてからゴールまでの距離が近いということです。

 

守備をする際、前からどんどんボールを奪いにいくことになります。

 

もしボールを取ることができれば、すぐにシュートを打てる即、点を取れる)ので、リターンはかなり大きいです。

 

一番前の人が抜かれても、自陣のゴールまでは距離があるので、他の人たちがカバーをしてあげれば、遅らせることができます。

 

ただ、これをもしずっと続けるのであれば、体力が必要です。

 

常に前から守備をすることになるので、フィールドの全範囲をみんなで守るような形になります。

 

メンバーに体力がしっかり備わっていれば問題無いですが、もし体力が切れて中途半端になってしまうと、逆にピンチが増えます。

 

前から守ったのに、誰かが突破されて、後ろまで戻って、また前から守って
かなり体力的にしんどくなり、自滅していく可能性があります。

 

だからこそ、もう一つのカウンターが大事になります。

 

カウンターその2 ロングカウンター

ショートカウンターのように前から守ってボールを取りにいくのとは違い、ロングカウンターは一旦後ろまで下がります。

 

そのラインはハーフライン(ちょうど真ん中)にしたり、もっと後ろに下げることもあります。

 

守備ラインをしっかりと決めておく(どこからきっちり守るか)、みんなで事前に確認し合っておく、と良い守備ができます。

 

守る範囲が半分以下になるので、体力も温存できます。

 

ボールを取ってからゴールまでの距離は遠ざかりますが、ボールを取れれば数的有利を作れるのでチャンスです。

 

また、守備ラインを下げてみんなでしっかり守る、お互いにスペースをカバーし合うという意識が確立されていればなかなか失点しません。

 

失点しなければ、負けません

 

どうしても負けだけは避けたい試合なんかは最初から最後までロングカウンターを狙い続けるという手も有効です。

 

我慢や忍耐が必要ですが、相手からするとずっと攻めているのにゴールが奪えない、となると、どんどんフラストレーションが溜まっていきます。

 

そこでスキを狙ってボールをかっさらい、ゴールを決めるとより一層相手は焦ります。

 

最大の防御が最大の攻撃になる、ということです。

 

まずはチームでカウンターをしっかり意識して、

試合に勝つ

ことがフットサルを楽しめるポイントになります。

 

 

まとめ

勝利の王道であるカウンターを意識しておくと、チームとしても、個人としても活躍の場が広がります。

 

自分、チームの特性や相手との相性に応じてショートカウンターとロングカウンターを使い分けていくことが大事です。

 

スポーツメーカーだからできた発熱力。ミズノのブレスサーモ!