フットサルを始めたばかりで、最初から

「相手を抜き去るドリブル」

「鋭いキラーパス」

はイメージはきても、なかなか技術が追いつかず難しいですよね。

 

しかし、

 

効果的な動き」ができればたくさんチャンスを作れます。

それを意識している人は割と少ないです。

フットサル初心者もすぐ実践で使える「効果的な動き」とそのコツを紹介していきます。

後ろからバックアップ攻撃

フィクソ(青1番)からアラ(青2番)へ、

パスを出したところから始まる動き方について、

紹介していきます。(図1

 

図1 フィクソ(青1番)からアラ(青2番)へパス

 

紹介する動き方は以下の3つ!

 

・パラレラ

・押し上げる

・ジャグナウ

 

きっと、聞き慣れない名前も入っていますよね。

図も見ながらだと単純なので、ご安心下さい!^^

 

パラレラ

パス&ゴー(パスを出してすぐ走る)を意識します。(図2

ボールを出したら、赤2番の裏を取りに行きます。

図2 パラレラの動き

 

これが上手くいけば、そのままシュートを打つこともできます。

それを成功するためにも、ボールをもらうことを意識しつつも、常にゴールを意識して、前を向いた状態でボールをもらうことが大事です。(図3

後ろ向きでもらわない!というのがポイントですね。

 

図3 パラレラからシュート + ファー詰め

 

さらに、一番先頭にいたピヴォ(青4番)がファー詰め(ゴールの遠いサイドのポスト際に詰めて、ボールをゴールに押し込むプレー)でゴールを決めれば、完璧ですね!

 

 

押し上げる

青1番赤1番裏を取りに行く動きも効果的です。(図4

これが成功すれば、そのまま数的有利で攻めることができます

 

図4 押し上げる <裏取り>

 

しかし、簡単にはマークを外せず、裏を取れないこともあるかもしれません。

その時は、その裏を取る動きをフェイントにして、「中央に止まってパスをもらう」という動きも良いですね。(図5

 

図5 押し上げる <中央でもらう>

 

ここで一度ボールをキープして、また後ろにボールをリターンするなり、違う選手にパスを回すことで、パス回しに良いリズムが生まれます。

 

 

ジャグナウ

押し上げて中央でもらう動き(図5)から、さらに動きを追加します。

最初からジャグナウを狙って使っても良いですし、

ここまでに紹介してきた動きがうまくいかない時にジャグナウに切り替えるのも良いですね。(図6

 

図6 ジャグナウ

(一番後ろから走り込んだ足跡(黄色の点線)をつけています)

 

<ジャグナウを成功させるヒント>

 

・マーク(赤1番)を一度、しっかり引きつける

・広がる時に、スピードの緩急を付ける

・マーク(赤1番)の視界から消えることを意識する

 

 

この動きがうまくいけば、前に大きなスペースを作ることができます。

シュートをそのまま狙うこともできますし、さらにドリブルしてシュートという形も良いですね!

 

またパラレラで説明した時のように、青4番ファー詰めを狙っていると、より点が入りやすくなります!

 

図7 ジャグナウ → シュート

 

まとめ

 

後ろから前線へ上がっていく動きは、相手のマークを外しやすく、「効果的な動き」と言えます。

 

パラレラ押し上げジャグナウ。

それぞれタイミングを合わせて成功させればどんどんチャンスが生まれるので、挑戦してみて下さい!