相手との距離が近いフットサルでは、例えサッカーの経験をしていた人でも、サッカー感覚でボールを止めて(トラップして)、ドリブルを仕掛けても失敗することがあります。

「うまくいかないな…」と思われているかもしれません。

しかし、フットサルのドリブルの知識を身につけておくけことで、それは改善できます。これからそのドリブルに関するコツを紹介していきます。

 

動かす、蹴る

サッカーもフットサルもフットボールという点では、同じカテゴリーで共通するところもたくさんあります。

しかし、サッカーとフットサルでは、ピッチのサイズが違って、ボールも違います。

 

当然ですが、そのためにプレーの基本も変わります

 

フットサルは相手との距離が近いので、ボールを止めてしまうと、うまく間合いを作れないことが多いです。

フットサルでは「動かす、蹴る」ができないとプレーできません。

 

もちろん、トラップを動かしてくると思えば、相手も対応してきます。

それなら逆にトラップを止めれば、そのことがフェイントになります。

 

ただ、勘違いして欲しく無いのは、トラップありきで考えずに、常にダイレクトを狙うべきだということです。

ダイレクトの方がチャンスを生む確率が高くなります。

ダイレクトで出せるチャンスがあれば、ダイレクトで出しましょう。

 

  • ダイレクト
  • トラップを動かす
  • トラップを止める

 

これら、3つの選択肢から最も良いプレーを選ぶことが大事です。

 

相手と相手の間(「門」)に運ぶ

 

ディフェンスとディフェンスの間のスペースのことを、フットサル用語で「」と呼びます。

この「」はフットサルではとても重要な場所です。

 

フットサルをやっていて、相手が前からプレスをかけてきた時にボールを奪われたり、慌てて蹴り出してしまったりする選手は多いと思います。

でも「」に運ぶことを覚えておくだけで、ボールを失うことなくプレスを回避することができます。

 

どうして「」に運ぶとプレスをかわせるのか。

」に運ぶメリットは、相手と勝負をしない、ということです。

 

ボールを持った選手は、基本的に目の前にマークが立ちます。

この時、単純にドリブルで仕掛けていくと、相手のプレスに引っかかってしまう確率が高くなります。

 

でも、「」に運んでいくと、相手からすると、どちらのマークでも無い「中途半端」なところに入ってこられるので、スルスルと突破できることがあります。

相手の混乱を引き起こすことができます。

 

相手陣内に入ったら、そこからはゴールに向かってボールを運んでいきましょう。

」を突破した状態で2人をかわしているので、数的優位な状態で仕掛けることができます

 

まとめ

フットサルのコートの大きさ、スペース、相手との間合いを常に意識することが大事です。

 

ボールを動かすこと、相手との間に運んでいくこと、これまで挑戦したことのない動きであれば、是非挑戦してみてください。