フットサルは主にフィールドの選手4人でボールを回しますが、

 

ボール回し・パス回しをしている間、

どう動けば良いの?

という疑問が沸くんじゃないでしょうか。

 

シチュエーションごとに動き方は異なります。

 

シチュエーションに応じた「動き方」を少しでも覚えておくことで、動き方に対する疑問が減っていきます。

少しでも動き方の疑問が減るように、参考にしてみてください。

 

動き方はここから考える

まず、

 

「どうしてパスを回しているのか?」

「どうして動いているのか?」

 

この目的意識ははっきりしていますか?

 

大体は、「を取るため。」ですよね。

 

 

 

ゴールを決めるための動き方

を知るという意識を持って、この先読んでいくと、

より良い動きができるようになります。

 

ここではアラの動き方

3つのシチュエーションに分けて、

紹介していきますね。

 

ポジション名(アラ/フィクソ/ピヴォ)が

分からない方はこちら ↓

ポジションの名前を図解で紹介

 

裏を取る(サイドの裏のスペースを取る)

 

ゴールを取るためには、

どこでパスを受けたいですか?

 

シュートを打てる射程圏内

つまり

ゴールに近いところ

 

でパスを受けたら、

点を取れる可能性はグッと上がりますよね。

 

だからこそ、ゴールに近いところ

なるべく前でパスを受ける意識を持つと良いです。

 

そこでおすすめなのが、

裏を取る動き方 ↓

 

ボールがフィクソ(青の2番)にある時、

アラ(青の1番)は

自分のマークの裏を取るために走り出します。

 

この動き方の利点は

 

・ゴールに近いところでボールを受けることができる。

・ボールを受けた時には自分のマーク(赤の1番)

抜き去った状態、つまりフリーになっている。

 

ことです。

 

チェック(走り込んで止まる)

もし裏を取れない(マークを外せない)、

相手が付いてきた!

 

と思ったら、止まりましょう。(STOP!!)

 

この動きは「チェック」と呼ばれています↓

 

相手の裏を取れないとしても、

チェックによって、

 

・ゴールに近いところでパスをもらえる。

・相手の意表を付いてもらえる。

・自分のスペースを作れる

 

といったメリットがあります。

 

少しでも前に進んでゴールに近づくのは

チャンスを作るためにも大事です。

 

また、いつでもゴールを取るぞ、裏を取るぞ

という相手への牽制にもなります。

 

 

カットイン(サイドから中でボールをもらう)

チェックの動きをさらに進化させます。

 

さっきは「裏が取れそうにないな、STOP!」

という動きでした。

 

今から説明するのは、止まったままではなく

さらに中央に入っていきます。(カットイン)

 

サイドから中央に入ってボールを要求するのが、

カットイン」です。 ↓

 

 

カットインのメリットは、

自分のマーク(赤の1番)を外して、

 

そのままシュートを打つチャンスを作れる

ことです。↓

 

まとめ

フィクソから、アラで受ける人でもこのようなシンプルな動き方で3つもあります。

動き方のバリエーションが多いほど、相手にプレッシャーをかけることができます。

 

自分のマークを揺さぶる「駆け引き」はすごく大事です。

駆け引きができるようになると、よりフットサルが楽しくなりますよ。

 

駆け引きはボールを上手く扱えない人でもすぐに覚えられます。

ぜひチャレンジしてみて下さいね。^^