家でできるフットサルの練習はないだろうか?

そう思われる方にオススメの練習方法です。

 

家で簡単にキック力を高める練習です。

この記事ではキック力を高める2つの方法を書いていきます。

 

キック力を上げるためのポイント

キックとは、足を後ろにあげて振り下ろし、ボールにインパクトを与え、蹴り出すものです。

 

キック力 = ボールに与えるインパクトの強さ

 

となるので、キック力を上げるために大事なのは、

 

正確にボールにインパクトを与えること。(ボールの芯を捉える

・ボールに向かう、振り下ろされる足の速度が早いこと。

 

の2点です。

 

これをどうやって獲得していくか。

 

家で、効果的に「キック力」を高めたい、パワーも付けたいという場合にも方法があります。

以下のもので、使えそうなものがあれば、実践してみて下さい。

 

練習メニュー1 風船リフティング

家の中でボールを扱うのはなかなか厳しいかもしれません。

というより、初心者でそれをすると、おそらく何かが壊れてしまうでしょう。

 

風船だと例え、キックミスをしても何かを壊すことはありません。

風船を蹴る時に意識しておくべきポイントが、風船の中心を捉えているかどうか、です。

 

キック力を上げるポイントの一つ

 

・正確にボールにインパクトを与えること。(ボールの芯を捉える)

 

はボールの中心を蹴ることへの集中力によってもたらされます。

 

風船は中心を蹴る集中力を身につけるのには打って方法です。

 

中心をきちんと蹴れれば、真っ直ぐ風船は上がります。

常に風船と足の接地面が大きいことを意識して下さい。

 

練習メニュー2 ヒップリフト

キック力を上げるために、筋トレをする人は多いと思います。

但し、間違った筋トレをしても、キック力は向上しません。

 

(例えば、キックは足、足なら太ももと考え、スクワットをしている人、キック力にはほとんど効果ないですよ。)

 

仰向けに寝て軽く曲げた状態からお尻を持ち上げます。

上の写真のような状態を約3秒キープします

 

そしてゆっくりお尻をおろします。

(この時、お尻を引き締めながら行います。)

 

10回×3セットがお勧めですが、

まずはできる限りの回数をやってみると良いでしょう。

 

もっと難易度を上げたい場合、

片足を上げた状態で同じような動作をします。

 

これがキック力を上げるためのポイント

・ボールに向かう、振り下ろされる足の速度が早いこと。

につながります。

ヒップリフトによって股関節を鍛えることが、足を早く振り抜くための力となります。

まとめ

ボールを正確に蹴って、なおかつ足の振りが早ければ、かなりキック力は高まります。

その基礎となる力は、お家風船リフティングヒップリフトから得られます。