フットサルは、集団競技で複雑な動きが組み合わさるスポーツです。

それを初めて経験すると、「動き方が分からない」となることが多いですよね。

 

そんな時を覚えておくと便利です。

を身に付けてそこからさらに自由な動きを付け加えていくことで、より面白さが増します。

そのについて紹介していきます。

動き方1 ジャグナウ

ジャグナウという名前、聞きなれないですよね。

でも、試合中にすごく役に立つ動きです。

 

これを実践したいと思ったら、

中央付近に位置取っていることがポイントとなります。

 

真っ直ぐ走って、相手の近くに

たどり着いたら一気に広がる、という動きです。↓

黄色点線 : 走った跡

黒矢印 : パス

ただ気をつけて欲しいのが、後ろ向きで走り

油断するとたまにこけます(笑)。

 

後ろ向きで走るに慣れていれば大丈夫ですが、

慣れてなくて急にやると足がもつれることも。

 

最初は気を付けて

やってみてください。

 

これをうまく行うにはポイントがあります。

 

ポイント1 スピードの緩急を付ける

 

パスをもらう時に、

自分の前にスペースを作れているかどうか

は次のプレーをスムーズに行うために

大事なポイントです。

 

スペースを作るためには、いかに

相手のマークを外す

相手から距離を取る

ことが大事になります。

 

最初はゆっくり走り込み、

広がる時に一気に早く動くといった

緩急をつけると相手から距離を取りやすくなります。

 

ポイント2 少しだけ相手を押す

 

押して倒したらファールですし、

危険なのでそれはしないでくださいね。

 

走りこんでいって、

自然に少しぶつかるくらいは大丈夫です。

 

手で押すとあからさまなので、相手からすると

が少しぶつかったかな?くらいの感覚が良いです。

 

少し押すことによって、

相手の重心を後ろにそらします。

 

そうすると一瞬相手が付いてきづらくなるので

マークをより外しやすくなります

 

ちなみに、あえて広がらずに相手の前で止まり

振り返ってボールをもらうという選択肢も有りです。

 

バリエーションは豊富なので、

オリジナルでアレンジしてみて下さい。

 

 

動き方2 パラレラ

パラレラには「平行した」という意味があります。

 

縦方向に平行して動くことから

この名前が付いています。

 

動き始めは、

動き方1 ジャグナウ」と同じ、中央付近からできます。

 

ジャグナウパラレラ

この2つを持っておくだけで、

動きの選択肢がかなり広がります。

 

パラレラの動き出しはこちら↓

黄色点線 : 走り込み

黒線 : パス

 

ボールを出して空いたスペースに走りこむという、

シンプルな動き方ですが、成功すると

すごく効果的です。

 

スルーパス(空きスペースへのパス)をもらうため、

少し早めにボールを要求しておくと

タイミングが合いやすくなります

 

成功すれば前を向いた状態での

シュートチャンスも手に入る↓

 

 

まとめ

ジャグナウとパラレラという二つの動きを紹介しました。

自分のマークを外し、仲間とのパスのタイミングが合えばすごく効果的です。

 

この二つの動きを覚えて、ぜひ実戦で成功させてくださいね。