フットサルで醍醐味となるのはやっぱりシュートが決まる瞬間じゃないでしょうか。誰しも、シュートをバシッと決めてヒーローになりたい、活躍したい、そう考えるのは自然じゃないかと思います。ヒーローとして活躍してもらいたいという気持ちでそのポイント書いていきます。

 

<プーマ公式>モータースポーツ最新コレクション

 

シュートで狙う場所

 

ゴールが決まりやすい場所というのがあります。

 

引用 : http://futsal.sskamo.co.jp/tech/shoot.html

 

キーパーからすると

青枠=手が届きやすいところは、

止めやすいです。

 

逆にキーパーから遠いゴールの四隅

シュートが入りやすいです。

 

また、キーパーに顔の側

人間の性質上、とっさによけたくなる場所なので

狙い目です。

 

股の下も入りやすいポイントですよ。

 

上の二隅や顔の側を狙うのは難易度が高くなりますが、

下の二隅は狙いやすいので、

まずここから狙うのがおすすめです。

 

思いっきりシュートを打つよりも、

コースを狙って打つことで、シュートが弱くても

「これで入るのか」と自分が驚くこともあります。笑

 

また、キーパーの股下ゴールを取った時には

「やってやった感」からも精神的にもかなり優位に立てます。

 

きまったらすごく爽快感。

 

相手チームは、

キーパーが股下抜かれて「決められた…」

となると、チームに不穏な空気が流れます。

 

股下シュートが決まった時の

味方と相手の気持ちの差は大きいです。

 

これはそのあとの試合の流れに

大きく影響してきます。

 

 

また、キーパーが高い位置で構えている時に、

低いシュートを打つのもかなり効果的です。

 

低めのシュートを打つと、キーパーがキャッチできず、

こぼしやすくもなるので、入らなくてもチャンスが続くこともあります。


低めのシュートは

打ちやすい × 入りやすい × こぼれやすい

 

と良いことづくしなので、

積極的に挑戦してみてください。

 

あわよくば、相手の股下を取ってしまいましょう。

 

タイミングを外す

 

キーパーがしっかりと構えた状態は

シュートが入りにくくなります。

 

早いシュートを打ってブチ抜くぞ!

というのもありですが、タイミングを外すことがお勧めです。

 

その方が得点できる確率が高いです。

 

キーパーは重心が移動した方向と逆を取られると、

体が止まって動けなくなることがあります。

 

この性質を利用しましょう。

 

キーパーが動いた方向と逆にシュートを打つ、

という意識で打ってみると、

シュートが強くなくても得点しやすくなります。

 

さらに、トーキックでのシュート

タイーミングを外すのに効果的です。

 

トーキックの参考動画  ↓


インサイドキック(足の内側)

インステップキック(足の甲)と比べ、

トーキックはワンテンポ、シュートが早く飛びます。

 

キーパーからすると、

想定していたタイミングより

早くボールが飛んでくるので、反応しづらくなります。

 

他のプレーがまだあまり得意でなくても、

トーキックを覚えてしまって

ゴールを量産できることもあるので、

このトーキックおすすめですよ。

 

ただ、足の爪は

きちんと切っておいた方が良いですよ。

 

まとめ

 

シュートはただ強く打つ、思いっきり打つことよりも、

 

丁寧に低めに抑えて打つこと、タイミングを外すこと

で得点できる可能性は高くなります。

 

冷静に状況判断して、

得点を量産するストライカーになりましょう!

 

スポーツメーカーだからできた発熱力。ミズノのブレスサーモ!