初心者からあっという間にフットサル玄人のように見える秘訣は、トラップにあります。

 

サッカーでもフットサルでも、

止めて、蹴るという基本の動作がどれだけ丁寧にできるか?」

がその人の上手さを決めます。

 

良いキックをするには、良いトラップが必要です。全てのプレーの始まりとなるトラップを上達するためのヒントを紹介していきます。

 

<プーマ公式>モータースポーツ最新コレクション

 

インサイドトラップ

インサイドトラップはよくサッカーで用いられます。

 

相手との距離を見極めながら、

大きく蹴り出したり、弱めに蹴り出したりします。

 

フットサルでのトラップは足裏を使うことが多く

使われないことが多いですが、

 

サイドライン際での

サイドトラップは効果的なことがあります。

 

ボールをもらう際、少し体を引きながら

サイドに沿ってトラップをする。

 

このプレーによって

相手を一瞬で抜き去ることも可能です。

 

こんなイメージ ↓

インサイドトラップで大きく前へ ↓ 

 

ここで大事なポイントは、

 

ボールをもらう前から

ボールをもらってから何をするか。

 

次のプレーを決めておくことです。

 

トラップをしてからスタートではなく、

トラップをする前から自分のプレーは始まっている

ことを念頭に置くだけでもプレーの質が向上します

 

・ボールを受ける前(-1秒)

・受ける瞬間(0秒)、

・受けた後(1秒)

 

までの一連のイメージを自分の中で

持っておきましょう。

 

脳内イメージはすごく大事です。

 

足の裏でトラップ

 

フットサルで頻繁に使うのが

足の裏でのトラップです。

 

足裏でのトラップを上手く行う

ためのポイントを紹介します。

 

Point 1 足の高さ

 

まず、始めたてでありがちな失敗が

向かってきたボールを踏みつけようとして、

 

タイミングが合わず、

ボールが後ろに流れていってしまうことです。

 

足をあまり上に上げすぎない、

ボールの高さの半分くらいに足を上げて待っておく

ことを意識しておけば、これは改善できます。

 

Point2 スムーズに次の動作へ

何も考えずボールを止めるだけだと、相手DFにボールを奪うチャンスを与えます。

 

そのため、トラップのあと柔軟に動けるようにするのが大事です。

柔軟に動けるようにするポイントは、膝から下を柔らかくし、やさしくボールにタッチすることです。

 

足が「固まっている状態」だと次の動作に入りづらくなります。

柔らかく」という意識が大事です。

 

まとめ

インサイドトラップするにせよ、

足の裏でトラップするにせよ、

 

このトラップを次のプレーにどう繋げていくか

がイメージできていると、どんどんプレーの質が向上します。

 

次に行う自分のプレーを想像して、それに応じたトラップができるようになれば、トラップはどんどん上達していくでしょう。

 

スポーツメーカーだからできた発熱力。ミズノのブレスサーモ!