フットサル初心者、特にサッカーもやったことがない場合、ピッチに初めて立ってみてテンパることがあります。何をしたら良いのか、どう動けば良いのか、さっぱり分からなくなって頭が真っ白になってしまう。そんな状況に陥ってしまうこともあります。ここではそういう時に意識しておくべきことを紹介していきます。

 

<プーマ公式>モータースポーツ最新コレクション

 

2人戦術 ワンツー

ワンツーというのは

サイドのラインから中央にいる人にパスを出し、↓

 

自分のマークの裏へ走り込み、

そこでボールを受け取るものです。↓

 

これができれば、

相手を抜き去ることができます。

 

ただ、サッカーのコートとは異なり、

フットサルのコートはそう大きくありません。

 

相手陣地の奥深いところでやってしまうと、

相手の裏のスペースが小さくなり、

ボールが外に出てしまったり詰まったりします。

 

中央付近(ハーフライン近く)でやると、

スペースをうまく使えます。

 

 

ワンツーの質を上げるポイント

 

ワンツーを成功させる上で大事なのが

自分のマーク(相手)との距離とボールの持ち方です。

 

距離

なるべく相手を引きつけて

でやる方が成功する確率が高くなります。

 

相手が後ろに下がっていると、

なかなか裏のスペースは取れません。

 

ボールの持ち方

ボールの持ち方で成功しやくするコツは

 

右側のサイドラインにいたら

左足を使ってパスをする

 

左側のサイドラインにいたら

右足を使ってパスをする

 

ことです。

 

この工夫によって一歩分、早く前に走り出せます。

 

フットサルは一歩一歩の差が

後々のプレーに大きな影響を与えるので、

それを意識すると上達が早くなります。

 

2人戦術 ピヴォ当て

 

ピヴォ当てを行う効果的な場所

 

ピヴォというのは、一番前にいる人のことです。

 

アラ、フィクソ、ゴレイロ、どの人からも問わず、

ピヴォ目掛けてパスを出すことがピヴォ当てです。

 

ポジションついて知りたい方はこちら↓

ポジションの名前を図解で説明

 

ピヴォはペナルティキックエリア付近に

位置取ることが効果的です。↓

 

そのポイントであれば、

振り向けばすぐにシュートが打てます。

 

さらにパスを出した選手が走りこみ

パスを受けてシュートを打つこともできます。↓

 

これよりも奥だと振り向いた瞬間、

ゴレイロとぶつかりやすくなります。

 

逆に手前になると走りこんできた選手が

シュートを打つポイントからゴールまでの距離が長くなります。

 

なるべくペナルティエリアを位置取りましょう。

 

 

ピヴォ当て 角取り

 

ピヴォでどうしても

ペナルティエリア中央が位置取れない場合、

コーナー付近の角を取ると良いです。↓

 

角でボールを受け、

ゴール前に決定的なパスを出して

シュートを打たせるのも効果的です。↓

 

この選択肢も持っておくと、守備側は

相手が中も外も守らなきゃいけない

 

という考えになり、

守備に意識を割く範囲が広がって

守備しにくくなります。

 

そうなるとまた、角ではなく

ペナルティエリア中央でもパスを受けやすくなる。

 

という良い循環が作れます。

 

前後、横、斜めに動いて

相手の守備を揺さぶりましょう。

 

まとめ

 

この戦術では常に相手との駆け引きが大事です。

 

さらに

・パスを出すタイミング

・受けるタイミング

が重要なので、

 

仲間と目線を合わせたり、

声を掛け合ったりすることで

成功確率を上げていきましょう。

 

スポーツメーカーだからできた発熱力。ミズノのブレスサーモ!