フットサルでは時にオフェンスよりも大事とされるディフェンスですが。。。どんなコツがあるのか。まずこちらをご覧ください。

(ディフェンスのパスカットが成功するところから始まるように設定しています 1:39~)

ディフェンスのコツ「パスカット」

まず一人目がボールをしつこく追いかけることから始まります。

この「ディフェンスの一人目がしつこく追いかける」動きはすごくチームにとってかけがえのないプレーです。

そして、一人目でボールを取れる必要はありません。

後ろにパスを出させる(バックパス)だけでも効果的で、なによりも大事なのがチームの「連動したディフェンス」です。

 

ボールを追いかける人に対して後ろからチャンスをうかがう人がいます。

その人はあえて追いかけずいったん、待ちます。

この時、相手の選手に隠れて、パスを出す人から自分が見えないようにする。というのもポイントです。

 

そしてキーパー(ゴレイロ)がパスを出すと見るや、一気にそのパスコースに飛び出します。

ボールも取れて、そのままシュートにも運べる理想のディフェンスの形です。

 

ディフェンスはもちろん技術もありますが、一番大事なのはきっと「ハートの強さ」です。

しぶとく、しつこく、ボールを取ってやる!という気持ちが相手にプレッシャーを与えます。(特に一人目の頑張りは大きい)

 

<ポイント!>

1 一人目のディフェンスの頑張りはチームに勢いをつける

2 連動したディフェンスが大事!

3 あえて隠れてみるというのも良い!

 

ボールを取ってからのカウンターは点を取りやすいパターンなので、ぜひ試してみてください^^/